雑貨屋さんのような可愛い ワイン専門店 Cellier de L’ourson セリエデルルソン (東京都文京区白山のワインショップ)          
Chianti Classico Castello di Brolio | 雑貨屋さんのような可愛いワイン専門店 Cellier de L’ourson セリエデルルソン (東京都文京区白山にあるワインショップ)

Chianti Classico Castello di Brolio

今日のキャンティの基礎を作った人物と言えば、うんちく本にも登場するベッティーノ・リカーゾリ男爵。イタリア共和国創成期の首相も務めます。

そんなリカーゾリ男爵一族の歴史ある古城、ブローリオ城(Castello di Brolio)が、ガイオーレ・イン・キャンティにあります。

どうしても、ワインの歴史と関係する古城とか修道院とか、古い建造物のお話が出ると、ワクワクしてしまいますね。 (わたしだけか)

丘の上にあるブローリオ城、ふもとにはリカーゾリ男爵の子孫がワインを造るバローネ・リカーゾリ(Barone Ricasoli)があります。
ふもとに車を下に止めて、徒歩で10分ほど登ります。
そしてさらに10分、荘厳な古城の裏側にまわると広々としたところに出て、お城の直轄領みたいなリカーゾリのぶどう畑が広がります。

この辺の土壌も、やはり粘土石灰質。
淡い薄いブラウン色の粘土に、カドカドした石のかけらがかなりゴロゴロ。

ここからの風景、見たかったんです。
ここで昔からワインが造られていたと思うとなんか感無量ですね。

リカーゾリ男爵は1847年、黒ぶどうと少しの白ブドウを混ぜて醸造することで、今日の優しい・口当たりが良いキャンティワインを造る事を考え出します。
それがサンジョヴェーゼ70%、カナイオーロ20%、マルヴァジア・デル・キャンティ(白ぶどう)10%の比率。

サンジョヴェーゼのバリバリ感をカナイオーロがタンニンを和らげ、マルヴァジア・デル・キャンティを使う事でさらに優しくなるが、香りと果実味の複雑さが増すって感じですかね。

当ホームページに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。
All Photos on this site are copyright reserved by Cellier de L'ourson wine shop. Unauthorized copy or usage is strongly prohibited.