雑貨屋さんのような可愛い ワイン専門店 Cellier de L’ourson セリエデルルソン (東京都文京区白山のワインショップ)          
Tavel | 雑貨屋さんのような可愛いワイン専門店 Cellier de L’ourson セリエデルルソン (東京都文京区白山にあるワインショップ)

Tavel

タヴェルのワイン産地は背の低い岩山に周りを囲まれた、東西に長いギター型というかバイオリン型というかそんな形をしている産地です。
西側が楕円形の形をしており、その楕円形の周りが低い岩山。

現地の方のお話ではタヴェルでは3つの異なる土壌があるようです。

1つは、シャトーヌフ・デュ・パプ程大きくは無かったですが、小石がごろごろしているエリア、
tavel3-22つ目は、細かい石が混じったような、低い岩山の周りは斜面にぶどう畑が広がっており、「板石」のような屋根葺きに使うような石が砕けたようなエリア、tavel4-3

それとシャトー・ヌフ・デュ・パプにもあった赤い色をした砂岩土壌のエリアです。

仕立は樹齢の古いゴブレが中心、一部コルドン、グイヨも。

のんびりとしたタヴェル村で飲んだタヴェルと生ハムメロンの相性が超ビンゴ。
タヴェル村は大好きな村。
わたしは秋と春、2度訪れました。

どちらかというと玉ねぎ色のレトロちっくな柔らかい超うすいーロゼが好き。 (わたし的にですが)

ラズベリーピンク色をした濃い味わいしっかりとした味わいのロゼか、サーモンピンク色をした柔らかいタッチの優しい味わいのロゼか、私たちは時としてその日の気分によって、好みが別れますね。

これら味わいの違いは、ロゼの醸造方法の中で、セニエの時間を長めにするか短めにするかでもコントロール出来ます。
またタヴェルでは、短い期間のマセレーション(黒ぶどうを発酵させる)させたものをブレンドする事もあるようです。
またセニエのように果皮と接触させるのではなく、グルナッシュのような黒い果皮のぶどうを圧搾することで、さらに優しい味わいとする事が出来ます。

当ホームページに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。
All Photos on this site are copyright reserved by Cellier de L'ourson wine shop. Unauthorized copy or usage is strongly prohibited.