雑貨屋さんのような可愛い ワイン専門店 Cellier de L’ourson セリエデルルソン (東京都文京区白山のワインショップ)          
Chianti Classico Badia di Passignano | 雑貨屋さんのような可愛いワイン専門店 Cellier de L’ourson セリエデルルソン (東京都文京区白山にあるワインショップ)

Chianti Classico Badia di Passignano

キャンティクラシコ地区のグレーヴェ・イン・キャンティ(Greve in Chianti) から西へのんびりと車で20分、
そこにある 修道院 バディア・ディ・パッシニャーノ(Badia di Passignano)。

谷筋に広がるぶどう畑の真ん中、緩やかな斜面の上部、そこにある修道院。。。

とにかくここに来たかったんです。

ここに立ち寄りたかったのは、泣いちゃうぶどう畑の景観が拝めると思ったから。
キャンティ・クラシコゾーンの中で、もっとも素晴らしい「修道院とぶどう畑がマッチした素晴らしい景観」を拝めると思ったから。

それは、荘厳で立派な修道院とぶどう畑のコントラストでは無く、
なんとなく素朴な物さみし気な修道院の印象。

それがいいんです。

それとぶどう畑とのコントラストが実に素晴らしい。。


右の上のほうに修道院が見える。
北東方向に伸びる谷筋のライン、泣いちゃいますね。

もう、ずっとここにいたい景観ですね。

こちらは、グレーヴェ・イン・キャンティから来た道で、修道院に到着する寸前の、手前に広がるぶどう畑の景観。
南東向きの斜面。
badia-a-passignano2-2
それほど若木ではないけど、ドリップ(灌水)のチューブを設置していますね。
降水量が相当少ないからですね。

そして、この南西向きぶどう畑の斜面の最上部には、なんともいえない、愛おしいリストランテがあります。

ぶどう畑を全開で見渡せるリストランテの空間、
素晴らしすぎです。。。
badia-a-passignano3-3
リストランテの名前は La Cantinetta di Passignano。

セリエ・デ・ルルソンの外観の色合い。
badia-a-passignano4

当時、ワインショップの外観デザインを最終的に決めかねていた私にとって、
「メチャクチャ可愛い!」「この色合いだ!」と思った瞬間、
完全に惚れ込んだ瞬間。

リストランテ La Cantinetta di Passignano との出会いは本当に嬉しい。。。
素晴らしい想い出の場所。

当ホームページに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。
All Photos on this site are copyright reserved by Cellier de L'ourson wine shop. Unauthorized copy or usage is strongly prohibited.